あのファミスタがオンラインで対戦できます♪しかもハンゲームのサイト内だから無料!


早速、ファミスタやりましょう!
ハンゲームの中で出来ます

サイトに入ったら、画面左の
「無料会員登録はこちら」をクリックです
登録してすぐに遊べます☆
かなり、懐かしいです(涙)
『僕もやってますが、メチャクチャ燃えます!』



ハンゲームの登録方法


ファミリースタジアム
出来るように
まず 「ハンゲーム」に登録しましょう!

ハンゲームトップページ

@「ハンゲーム」に入って、画面左上の
「無料会員登録」をクリック

ハンゲーム無料登録画面

◇ハンゲームID
◇パスワード
◇性別
◇生年月日
◇住まいの都道府県
◇メールアドレス

のみの簡単登録♪
会員登録が終わったらログイン!

B画面真ん中の
「---ジャンルからゲームを選ぶ---」
から『ファミスタオンライン』
選んで早速参戦!!

一体、おれは全国で
どのくらいのレベルなのか??

ゲーム界屈指の
野球ゲーム:
ファミリースタジアムで
さぁ腕試し!!

(↓↓クリック出来ます)
ハンゲーム

ファミスタ


プロ野球ファミリースタジアム(ぷろやきゅうふぁみりーすたじあむ)は、1986年12月10日にナムコ(現・バンダイナムコゲームス)から発売されたファミリーコンピュータ用野球ゲーム。「ファミスタ」の通称で親しまれ、「ファミスタ'89開幕版」からは「ファミスタ」が正式名称となった。

ファミコン以外では主に、ゲームボーイで「ファミスタ」、PCエンジンとプレイステーションとアーケードゲームで「ワールドスタジアム」、スーパーファミコンで「スーパーファミスタ」、ゲームギアで「ギアスタジアム」というタイトルでシリーズが出ている。

アメリカでは、「RBI BASEBALL」「SUPER Batter UP」というタイトルで発売されている。

ファミスタの全て


ファミコンの野球ゲームには、ファミコン本体と同時発売された任天堂の「ベースボール」が存在し、それは当時としては決して出来が悪いものではなく、むしろ同時代のものと比較すれば最高レベルの野球ゲームとすらいえるものではあったが、ROM容量の制約、ハードウェア自体の性能の限界もあり、各選手、ひいてはチームごとの個性がないこと、守備が自動守備のみであるがために守備時に野手をプレイヤーが操作できないこと等の不満点も多かった。

第1作「プロ野球ファミリースタジアム」が作られる時期になると、ROMカートリッジにハードウェアの限界を補う機能を組み込んだり、ソフトウェア制作技術の向上からメモリの効率的な活用が可能になったり、技術革新により大容量マスクROMが安価に供給されるようになるなど、ファミコン発売当時よりも高度なゲームが制作できる環境作りが整いつつあった。更に、野球ゲームというと「ベースボール」以外の選択肢がなかったファミコンにおいて、もっと面白い野球ゲームがプレイしたいという欲求が高まっていた。ナムコが完成度の高い野球ゲームを低価格でリリースしたことは、任天堂「スーパーマリオブラザーズ」の大ヒットにより社会現象ともいえるブームとなったことで、既に老若男女問わず広範囲にわたる層にユーザーが拡大していたファミコンゲーム市場において、大いに歓迎されることになった。

過去の野球ゲームでは、他のコンシューマ機を含め、ユニフォームカラーの差異以外に、選手やチームの差異はないに等しかった(ただし、チャンピオンベースボールのような例外もあるにはあった)。しかし、ファミスタでは選手ごとに名前と能力の個性があり、プレイヤーの感情移入を強化させた。また、基本的な操作系統は「ベースボール」のものを引き継いでいたが、野手の守備操作が可能になり、熱中度が格段に高まった。ファミコンでの売り上げが好調だった事から、業務用としての逆移植によってゲームセンターで好評を博し(「ファミリーテニス」も「プロテニス ワールドコート」として業務用に逆移植している)、さらにはPCエンジン等他ハードへの移植も行われた。

その後チームの追加、各種モードの追加、選手名の実名化、選手の選定や能力の変更、その他のマイナーチェンジを繰り返しながら幅広い機種で発売され、野球ゲームの代表的存在となった。だが、1994年にスーパーファミコンでコナミから『実況パワフルプロ野球'94』(通称「パワプロ」)が発売されてからは、「パワプロ」が家庭用ゲーム機野球ゲームのスタンダードとなる。

その後、1996年にプレイステーションで「ワールドスタジアムEX」、1997年にニンテンドウ64で「ファミスタ64」、2003年にゲームキューブで「ファミリースタジアム2003」などの作品が出たが、それ以降新作は出ていなかった。しかし、ナムコは野球ゲーム自体を出さなくなったわけではない。2002年からナムコは、リアル体型の選手が登場する野球ゲーム「熱チュー!プロ野球」(のち「BASEBALL L!VE」、2006年より「プロ野球 熱スタ」)シリーズに移行しており、これが現在のナムコ野球ゲームのスタンダードとなっている。

コンシューマ機では2004年以降は長らく新作の出ていない状態が続いていた「ファミスタ」シリーズであったが、2006年がファミスタ発売20周年に当たる事から、プレイステーション2用ソフト「プロ野球熱スタ2006」内にて発売20周年企画として「ファミスタモード」の名で2006年度版が収録されることとなった。この「ファミスタモード」が、2006年現時点では最新作に該当する。

一方で、プレイステーション版やゲームキューブ版の頃のプロデューサー小野泰を中心としたナムコの開発陣が、任天堂から2005年に発売されたゲームキューブ専用ソフト「スーパーマリオスタジアム ミラクルベースボール」の開発にかかわっている。

家庭用とアーケード以外には、1988年〜1990年頃にかけて、PC-88VA、MSX2、FM-TOWNSなどのパソコンで発売され、2002年からは携帯電話コンテンツに進出。J-スカイ(現ボーダフォンライブ)を皮切りに、翌2003年にはEZweb、そして2004年にはi-modeにおいて「ファミスタモバイル」の配信を開始した。

また、2006年8月より大手ネットゲームのハンゲームにてファミスタオンラインが登場。従来のファミスタに2006年度のプロ野球12球団のチーム(+隠しでナムコオールスターズ)を使い、全国の他のプレイヤーと対戦できる。システムはファミコン版ファミスタに近い物である(誰もいない一塁に送球なども再現されている。下記参照)現在プレオープン中で、無料でプレイできる。9月のプレオープン終了後もおそらく料金は無料。ただし他のネットゲーム同様アイテムなどに課金が取られる物と思われる。

なお、1990年に業務用で稼動し1991年にメガドライブで発売された、「球界道中記」というゲームもあるが、基本的にファミスタシリーズには含まれない傍系の扱いとなっている(「妖怪道中記」のキャラクターを流用しているためでもある)。また、1993年〜1994年にわたって、リアル系野球ゲーム「グレートスラッガーズ」をリリースしていたが、サブタイトルに"ニューワールドスタジアム"と入っているので、こちらは一応ファミスタシリーズの一作と考えられる。

【チーム、選手名】

日本プロ野球をモデルにしたチームのほかに、「ぴの」「ぎる」「ぱっく」(元々は「ぱつく」)など、ナムコゲームのキャラクターの名を持つ選手による架空チーム「ナムコスターズ」も新規参入チームという設定で登場した。その他にも、シリーズによってはセ・パのオールスターや、メジャーリーグ選抜(ただし非実名)、オリジナルの架空チームも登場する(中には往年の名選手の集まったチームや、漫画・アニメ作品関係に登場するキャラを元にしたチームもある)。

また、'86年版と'87年版とPCエンジン版ワールドスタジアム(PCEワースタ。ここでは1988年発売の初代を指す)には、パ・リーグの球団(西武ライオンズを除く)同士を連合させた以下の2チームが登場していた。これについては、'86年版は容量の問題による苦肉の策であったのと、あと当時はパリーグの知名度が今より低かった(ある意味軽視的部分あり)のでユーザーに「分かりやすくさせるため」にあえて複合球団を作ったと考えられる。

「フーズフーズ」- 食品会社を親会社に持つチームの連合。日本ハムファイターズ+ロッテオリオンズ。1973年にはこの2チーム(ただし、日本ハムは「日拓ホームフライヤーズ」)の合併が実際に計画されていた。'87年版にはロッテをモデルにした隠しチーム「オリエンツ」(デモ画面のみに登場する)が存在した。またPCEワースタでは、オリエンツは隠しチームではあるが独立した1チームとして登場する。ただし、グラフィックは白1色である。

「レイルウェイズ」- 鉄道会社を親会社に持つチームの連合。近鉄バファローズ+南海ホークス+阪急ブレーブス。ただし阪急は'87年版では独立した1チーム「ブラボーズ」となっている。現実のプロ野球でも、シーズン後に開催されるパリーグ東西対抗で西軍が親会社が変わりつつも2003年までこの3球団の混成チームで形成されていた事がある(2004年は球界再編問題に伴い中止)。現在は楽天が東北に出来たことにより、それまでの東軍で最も西にある西武が西軍に入るが、これは旧阪急、近鉄のオリックスと旧南海のソフトバンクとの新たなるレイルウェイズとも呼べなくもない。

2005年に発売されたプレイステーション2用ソフト「ベースボールライブ2005」では、架空チーム作成用のデータ(チーム名、ロゴマーク、ユニフォーム)として、ナムコスターズ・フーズフーズ・レイルウェイズの3チームが復活している。 当初はチーム名は頭文字が共通の架空名(ジャイアンツ→ガイアンツ)だったが、選手は「おちあい」「ほ゜んせ」など、ひらがな4文字(濁点・半濁点はそれだけで1文字とみなす)の範囲で実在選手の名前が使用されていた(ただし、当時の広島東洋カープのエース・北別府学はこの方式で名前を表記すると7文字になるため「きたへふ」とされていたが、これがファンの間で深く浸透した)。しかし日本野球機構や日本プロ野球選手会などに許可を得ずに選手名を使用することが問題視され、'88年版から1992年発売のスーパーファミスタで正式に球団名と選手名の許可を得るまでは「おみあい」、「ぽんち」など微妙に選手名が変えられていた。ちなみに「ぱんち」(オリックス・佐藤和弘)など有名なニックネームをもっていた選手はニックネームで登録されていたのが、後に登録名として現実に登場した。

また'86年版・'87年版の発売当時は2リーグ12チーム制が普遍的な制度と野球ファンに思われていた時代であり、1リーグ10チーム制やチーム同士の合併、チームの新規参入は現実にはあり得ない全くの空想であった。しかし、それから15年以上が経過した2004年になって、オリックス・ブルーウェーブ(阪急の後身)と大阪近鉄バファローズとの合併計画に端を発したプロ野球再編問題により実際に1リーグ10チーム制が検討され、パ・リーグ球団同士の合併、球団の新規参入が行われるなど、結果的に時代を先取りした格好になってしまった。また福岡ダイエーホークス(南海の後身)もソフトバンクに売却され、皮肉にもレイルウェイズを形成していた3チームが2004年の再編問題の中核でもあった。また、1973年のプロ野球再編問題でも南海と近鉄の合併が報道された。'87年版は1973年の合併が実現されたと仮定したようなチーム構成であったといえる。また2006年には今度は同じ関西鉄道球団でありながら、それまでレイルウェイズや球界再編問題とは無縁だった阪神タイガースが、阪急電鉄グループの持株会社・阪急ホールディングスのTOBにより、かってのレイルウェイズの一角だった阪急と経営統合することとなった。

2006年現在、初代ファミスタに出場し、現役を続けている選手はオリックスの清原和博と巨人の工藤公康だけである。

【キャラクターモデル】

丸みを帯びたちょこっと太目の三頭身キャラクターに現在も親しみを覚える人は多い。第1作目からおなじみのこのキャラクターは、生みの親岸本好弘をモデルにしている。「ファミスタ'93」(1992年12月発売)では若干細長くなったが、不評だったためかすぐにもとの三頭身キャラに戻った。

しかし、1996年7月発売の「ワールドスタジアムEX」より、従来のファミスタとの差別化を図るために、再び四頭身に近い大きさのキャラクターに改められ、以降「ファミスタ」と称さない作品はこれが基本スタイルとなった(ただし、2003年5月発売「ファミリースタジアム2003」のみ例外)。

【お遊び】

ファミコン版ファミスタをプレイ中によくあることだが、一塁手がゴロを捕球した際に、本来ならば一塁まで移動しなければならないのだが、うっかり他の守備位置でのゴロ捕球時と同様に一塁に送球してしまい、ボールがファウルグラウンドを転々とするというミスがあった。もっとも、自動的に二塁手が一塁のカバーに入るようにプログラムされてはいるが、格段に移動速度が遅いため、このような送球エラーはある意味で不可避と言えた。

実際の野球では内野ゴロの打球を一塁手に送球して三死になったあと、一塁コーチにボールを投げて渡す場面がよく見られるが、上記のミスを意図的に発生させることによってファミスタでこれを再現できる。方法は、攻守が切り替わる僅かの間を利用して一塁手を二塁方向に走らせたあと、一塁に送球する。なお最近の野球ゲームでは自動的に投手か二塁手が一塁のカバーに入るように設計されているので、これの再現は難しい。(ベースボールライブでは内野ゴロで三死になると一塁手が一塁コーチにボールを自動的に手渡している)

また、コンピューターとの対戦では、上記原理を応用してコンピューターにミスさせることで、楽に進塁することが可能である。方法は、走力のある走者が一塁にいて二塁上の野手がボールを持っているときに、走者を二塁に走らせる。ある距離に近づくと、二塁上の野手が一塁方向に向かってタッチしにくるので、走者を一塁に帰塁させる。走者が一塁に着いたら、再び二塁方向に走らせる。すると、タッチしにきていた野手は誰もいない二塁に向かってボールを送球してしまう。ボールが外野に転々としている間に、ランナーは悠々と進塁できる。これは、走者が二塁にいて三塁に進塁する場合でも適用可能である。

コンピュータの対戦で一塁ランナーが二塁へ盗塁しようとした際に、二塁へ投げる(上+Aボタン)のではなく本塁へ投げる(下+Aボタン)操作をすると、二塁方向へより速い送球ができる。

【家庭用ゲーム機】

■ファミリーコンピュータ

プロ野球ファミリースタジアム - 1986年12月10日

プロ野球ファミリースタジアム'87 - 1987年
パッケージは前作のものに「87年度版」シールが貼られただけのシンプルを通り過ぎてある意味手抜きといえるもの。ゲーム内容では、前作の打者有利から投手有利になるような仕様変更が行われ、賛否両論となった。メジャーリーガーズ初登場。

プロ野球ファミリースタジアム'88 - 1988年

チームエディット機能が搭載され、オリジナルチームを作成できるようになった。

ファミスタ'89開幕版 - 1989年

ファミスタ'90 - 1989年
7月に上記の「ファミスタ'89開幕版」が既に発売されていたため、この作品以降は、その年の12月に「ファミスタ'○○」(○○の中には翌年の下2桁が入る)として発売されるようになる。バッテリーバックアップによって成績を記録可能な、最大6チームによるリーグ戦モードを搭載。またこの作品より、ゲーム中のBGMが変更されている。

ファミスタ'91 - 1990年

ファミスタ'92 - 1991年

ファミスタ'93 - 1992年 本作より12球団公認による実名球団・選手の使用が開始される。

ファミスタ'94 - 1993年
ファミコン版最終作。

■ゲームボーイ

ファミスタ - 1990年
ファミスタ2 - 1992年
ファミスタ3 - 1993年
ファミスタ4 (ナムコギャラリーvol.2 に収録)- 1996年

■スーパーファミコン

スーパーファミスタ - 1992年3月
スーパーファミスタ2 - 1993年3月
スーパーファミスタ3 - 1994年3月
スーパーファミスタ4 - 1995年3月※なぜか本作と5のみ、著作権表記の年度部分が発売前年になっている。
スーパーファミスタ5 - 1996年2月29日

■ニンテンドウ64

ファミスタ64 - 1997年11月28日※ナムコ唯一のニンテンドウ64専用ソフトでもある。

■ゲームボーイアドバンス

ファミスタアドバンス - 2002年6月30日

■ゲームキューブ

ファミリースタジアム2003 - 2003年5月30日

■プレイステーション2

ファミスタ2006(プロ野球 熱スタ2006に収録) - 2006年4月6日※発売20周年企画として2006年度版を「ファミスタモード」の名で収録。

【家庭用ゲーム機以外の「ファミスタ」、「ファミリースタジアム」作品】

■パソコン

PC-88VA(発売元ゲームアーツ)
プロ野球ファミリースタジアムペナントレース版 - 1988年
プロ野球ファミリースタジアム'89ペナントレース版 - 1989年
プロ野球ファミリースタジアム'90ペナントレース版 - 1990年


MSX2
プロ野球ファミリースタジアムペナントレース版 - 1989年 プロ野球ファミリースタジアムホームランコンテスト - 1989年

FM-TOWNS
プロ野球ファミリースタジアムペナントレース版 - 1990年

アーケードゲーム(メダルゲーム)
ファミスタグランドスラム - 1998年

携帯電話アプリ

ボーダフォンライブ
ファミリースタジアム - 2002年

ez-web
ファミリースタジアム - 2003年

i-mode
ファミスタモバイル2004 - 2004年7月20日配信開始
ファミスタホームラン競争 - 2004年7月20日配信開始
ファミスタモバイル2005 - 2005年4月1日配信開始
ファミスタモバイル2006 - 2006年4月3日配信開始
ファミスタ育成くん - 2004年9月10日配信開始※オリジナル選手を作成するゲーム。
育成くんで選手を成長させるために次のミニゲームでポイントを稼ぐ。

ファミスタホームラン競争DX - 2004年9月10日配信開始
ファミスタブロック崩しDX - 2005年1月31日配信開始
ファミスタピッチングスター - 2005年3月10日配信開始
ファミスタダイヤモンドフラッグ - 2005年6月2日配信開始


オンラインゲーム
ファミスタオンライン2006年8月15日~9月11日までハンゲーム内でプレオープンテスト(本格的な開始は10月からの予定)

※引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オンラインゲームとは


ネット上には「オンラインゲーム」 と呼ばれるものがあります

これは文字通り オンライン=インターネット上で プレイするゲームです

オンラインゲームの普及とともに、最近は無料のものも増えてきました。

オンラインゲームの特徴は、 ネットを通じて他のユーザーと接触することができることですね

私もハンゲーム等の無料ゲームでしのぎを削っていますよ

オンラインの種類には 囲碁や将棋など、ネット上で対戦するものから 「MMORPG(Massively Multiplayer Online Role Playing Game/多人数参加型ロール・プレイング)」までありますね

信長やFFなんかもオンラインでやると 面白いです

オンラインは、基本的には、 ネットにつながっているパソコンなら、 必要なソフトさえあれば問題なくプレイできるものが多いですが、 中には性能が高いパソコンしか動作しないものもあります


このページのトップに戻る
ファミスタでオンライン対戦をしよう!(無料で)』is realized by Web service of アマゾン
Copyright 2006 ファミスタでオンライン対戦をしよう!(無料で) All rights reserved.


【ファミスタに関連するサイト紹介コーナー(随時更新)】